疫病退散祈願 アマビエの肉筆画発見

うちにもありました。「アマビエ」。

明治9年に書写された肉筆のものです。「尼彦図」とあります。

数年前に仕入れた古文書の中にまざっていて、なにこれ?と思いつつ大事にしまってありました。安易に売ってしまわないでよかった。

この不思議な妖怪、いきなり海からあらわれて、疫病を予言したりするそうです。そして自分の姿を書き写して人に見せると難を逃れると言うそうな。

明治9年、吉田と署名があります。

翌10年には実際に、コレラが再流行した記録がある。

この吉田さん、本当にこの妖怪の予言に遭遇したのではないだろうか。そして言われるままにこうして書き写し、見事コレラ禍を回避したのだ。と思いたい。

とりあえずしばらくは、目の届くところに置いておきます。

しかしこのユルユルなお姿。

 

見るだけで力が抜けてリラックス。そして免疫力アップ。書き写せばさらに効果大。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です