アマビエの肉筆画

明治9年に書写された肉筆のものです。「尼彦図」とあります。

数年前に仕入れた古文書の中にまざっていたとおぼろげに記憶しています。

 

 

明治9年、吉田と署名があります。

翌10年には実際に、コレラが再流行した記録があり切実なリアリティを感じてしまいます。

 

最近はアマビエ関連のおもしろい創作をよく目にしますが、興味のある方はどうぞ参考にしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

百万石古書画展

次の記事

アマビエ関連 「白澤」